Yosuke Kubo

久保田 耀介

Design Research/Narrative

大手流通企業にてコーポレートブランディングを担当した経験を生かし、組織変革や、ブランディングのプロジェクトにてデザインリサーチを担当するほか、プロジェクトに関わるメンバーが創造性を発揮できるようなワークショップの設計などに携わっています。

PASSION & INTEREST

本質的なブランドのデザイン

ブランドの本質は、行動に表れるという考えから、パーパスや、ビジュアルデザインで終わらせずアクションにまで踏み込んだブランドのデザインに取り組んでいます。KESIKIが掲げる企業や組織のありたい姿(Being)と生み出すこと(Doing)の両輪を探求していきたいです。

一人ひとりの創造性が活かされるカルチャー

組織カルチャーのデザインによって、一人ひとりが創造性を発揮できるようにするにはどうすれば良いか、という課題に取り組んでいます。私自身にクリエイティブのバックグラウンドではないからこそ、「どうすれば、誰もが創造性を発揮することで、組織がパーパスを達成できるか?」を探求していきます。

ボーッとする時間を楽しむ

何もしない時間を、意識してつくるようにしています。仕事や、プライベートで忙しいと充実していると感じる反面、心や頭が疲れてしまいます。目的もなくボーッとすることで、頭の中がスッキリして、心に余裕ができる気がしてます。場所や、時間、飲み物を変えながらそのように過ごせる方法を探求しています。

BACKGROUND

中央大学にて経済学や、マーケティングを学ぶ。卒業後は、大手流通企業にてブランディングや、インナーコミュニケーションに携わる。ブランディングの一環として全社を巻き込んだ周年プロジェクトを企画し、他領域に関わりながらプロジェクト全体をリード。
KESIKIが設計に携わる多摩美術大学クリエイティブリーダーシッププログラム(TCL)の受講をきっかけに、2022年よりKESIKIに参画。